信用取引にまつわるミニ情報

逆日歩は買うべきか?

信用取引においては、基本的に買い方が金利を支払い、売り方が金利を受け取ることになります。しかし、急速に値下がりする銘柄などには売り方の注文が増大しやすく、買い方に対して売り方が一方的に増えるという状況が発生します。こうした不均衡が生まれた時には、逆に売り方が金利を支払わなければならなくなります。これが「逆日歩」です。
逆日歩が発生する可能性がある銘柄を信用取引で売り建てすることは、「逆日歩に売りなし」の格言が示す通り、証券取引においては下策とされています。一方で買いならば良いのかと言われると、必ずしもそうとも言い切れません。逆日歩が発生した際は踏み上げによって株価が上昇するため、買い方なら利益を出せる可能性は高まりますが、その先にやってくる売りの反動に巻き込まれると、一転して損失が出てしまうことになるからです。信用取引の初心者などは、逆日歩が発生しやすい銘柄には手を出さない方が無難です。

逆日歩に関する意外な落とし穴

逆日歩に関しては、その他にも注意しておかなければならない点があります。
信用取引を上手く活用できれば、株主優待を株価における損利を気にせずに取得することができます。しかし、証券会社が指定している制度信用取引の銘柄で買いと売りの両建てによる株主優待の取得を行う際、その銘柄で逆日歩が発生した場合はコストの手出しが必要になります。株価で損利が出なくとも、逆日歩でコストを支払うことになってしまえば、信用取引で株主優待を取得する意味が無くなってしまいます。
信用取引を活用して株主優待を得る場合は、制度信用取引ではなく、一般信用取引を利用するべきでしょう。確かに制度信用取引銘柄には証券取引所の保証が付き、金利も比較的安価だというメリットもありますが、一方で取引にそぐわない場合もあるという点を把握しておきましょう。

信用取引の保証金の支払い方は、契約の内容に影響を受けることがあるため、各自の経済的な負担が少ない方法を選ぶことが大切です。

© Copyright Prepaid Debit Cards. All Rights Reserved.