決して難しくない信用取引

信用取引の何が難しいのか?

レバレッジにより取引規模を拡大できたり空売りが行える信用取引は、資金の運用効率や利便性の面から大変珍重されている株取引の手法です。
一方で現物取引よりもリスクが高いため、その運用は大変難しいものだと思われがちです。実際、信用取引のみで利益を得ようと思った場合、システムトレードなどの手法を導入する必要があります。システムトレードで取引システムを構築するためには、株取引に関する膨大なデータと、構築された理論で実際に利益を見込むことができるのかの検証を行なう必要があるため、株取引の初心者には大変難しいとされます。
しかし、信用取引はやり方と心構え次第で初心者でも簡単に利益を出すことができる取引でもあります。では、どのような取引を心がければ良いのでしょうか。

初心者でも簡単に行える信用取引の手法と心構え

信用取引では相場勘に頼って取引をする「裁量トレード」を行うと、必ずと言って良いほど損失が出てしまいます。では、厳密な相場理論を構築できない初心者は信用取引を行うべきでないのかと言われると、決してそうではありません。信用取引のみで利益を出そうとせず、現物取引と組み合わせて運用することを心がけておけば、初心者でも信用取引を使って利益を出すことは容易です。
例えば、現物保有している銘柄が利益を出し続けている場合、同一銘柄を空売りしておくことで擬似的に利益確定することができます。また、株主優待付きの銘柄を権利落ち日前に購入する際、同時に同じ銘柄を空売りしておけば、株価変動を気にすることなく株主優待だけを得ることも可能です。信用取引は難しい面もありますが、活用次第で株取引初心者も容易に活用できるだけの利便性にあふれているのです。

信用取引の金利は証券会社から借金をして取引を行うことで発生します。金利の金額は証券会社と取引金額、取引にかかった日数によって違います。

© Copyright Prepaid Debit Cards. All Rights Reserved.