信用取引をはじめるなら

信用取引をするに当たって気をつけておくこと

信用取引は、株取引の利便性を大いに高めてくれます。しかし、信用取引は現物取引と比較してハイリスクな側面もあるため、取引に当たってはいくつかのことに留意しておかなければなりません。
まず、取引をはじめる前に専用口座や委託証拠金の準備を済ませておかなければなりません。専用口座の開設には、証券会社が定める期間株取引用の口座を保有していることが求められるため、信用取引を行うよりも前に意中の証券会社で一般の取引口座を開設しておく必要があります。
また、信用取引を始める上で最も重要なのが、取引の原資とも呼べる委託証拠金の入金額の設定です。基本的に証券会社所定の最低金額を専用口座に入金していれば信用取引は行えますが、ぎりぎりの金額だと軽度の損失で追証が発生することになるため、余裕を持って取引できるラインを吟味しておく必要があります。

信用取引をはじめる上での心構え

信用取引をはじめるに当たって、損失を拡大させないために気をつけておかなければならないことが一つあります。それは「裁量トレード」を行わないという点です。
裁量トレードとはそれまでの経験や見識に基づいた相場勘で取引内容を決めるトレード手法ですが、現物取引では通用するこの裁量トレードも、信用取引においては大半のケースで全く通用しません。信用取引を行う場合は、明確な理論と確立された取引手法が必要になってきます。
一方で、利益確定や株主優待を得る際に現物取引を補助する役割として活用する場合は、初心者であっても恣意性に任せて信用取引することは可能です。即ち、信用取引をはじめるのであれば、まずは自分がどのような取引を行うのかを明確に定めておくことが最も重要だと言えるでしょう。

株の信用取引とは、自分の所有する資金や株式を担保として、証券会社から資金を借り、自分の持っている資産以上に株式の取り引きを行うことです。

© Copyright Prepaid Debit Cards. All Rights Reserved.